グルコンex錠プラスの副作用は?素朴な疑問や成分を徹底リサーチ!

日本薬師堂から発売されているグルコンex錠プラスは、辛い関節痛や神経痛の緩和に効くと大人気の医薬品

 

発売開始半年で30万個を売り上げるなど、その実績も確かですが、医薬品となるとどうしても気になってしまうのが副作用の存在ではないでしょうか。

 

グルコンex錠プラスは[第3類医薬品]として、その効果や安全性がきちんと確認されていますが、服用する以上きちんと確認しておきたい部分でもあります。

 

そこでこのページではグルコンex錠プラスの副作用についてまとめてみました。

 

 

グルコンex錠プラスの副作用はどのようなものがある?

 

グルコンex錠プラスの販売先である日本薬師堂の公式ページQ&Aにはこのようなものがありました。

 

副作用はありますか?

●発疹・発疹 ●かゆみ ●下痢
万が一、これらの症状がみられた場合はただちに服用を止め、医師または薬剤師にご相談ください。
添付文書の使用上の注意事項に副作用に記載されている副作用は、必ずそれが出るわけではなく、万一出たらひどくならないように注意を促し、その後の対応を指示したものです。

さらに公式ページでは

  • 15歳未満の方、妊娠中・授乳中の方の服用を遠慮頂いている
  • 糖尿病の方の服用は問題がないが、心配な方はかかりつけの医師に相談を
  • ヒアルロン酸注射をしている方でも問題はない
  • 胃腸が弱い方でも安心して飲んでいただける

なども書かれています。

 

 

[第3類医薬品]であるグルコンex錠プラスは、その安全性も厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものとなっていますが、やはり最低限の注意は必要となるでしょう。

 

 

とはいえ医薬品に限らず、サプリメントや食品にも副作用というものは必ず一定率で存在しています。

 

グルコンex錠プラスを販売している日本薬師堂では専任スタッフや薬剤師が悩みや不安ごとをしっかりとサポートしてくれますので、そういった意味では何より安全な関節痛・神経痛のお薬だといえるかもしれません。

 

 

グルコンex錠プラスを試してみたいけれど、副作用が心配…という方は、まずは1度問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。