関節痛の治し方や予防方法は?痛みのない健康的な毎日を過ごそう!

立ち上がる際や階段の昇り降りで膝が痛む、だけど我慢できないほどではないし、耐えよう…

 

そう考えて毎日を送っている人がとても多い関節痛。

 

確かに症状が軽いうちは大丈夫ですが、症状が酷くなってしまうと治すのに時間も掛かりますし、裏に大きな病気が隠されていた場合大変なことになってしまいます。

 

やはりしっかりと病院で診てもらう事が安心ですが、もう少し手軽な治し方や予防方法はないのでしょうか?

 

 

関節痛の予防には日頃のケアが何より肝心!

 

こちらでまとめている通風や化膿性関節炎など、大きな病気が原因で関節痛が現れている場合は何よりも医師に掛かることが大切です。

 

ですが、関節痛の一番多い原因といわれている変形性関節症は日頃のケアで予防していくことができます。

 

 

変形性関節症の原因は関節部分にある軟骨が老化し、もろくなって炎症がおきてしまうこと。

 

ですので予防のポイントとしては

  • 普段の生活の中で関節への負担を減らす。
  • 適度な運動で関節を柔軟にし、周辺の筋肉を鍛えておく。

ことが大切となります。

 

ひとつめの、生活の中で関節への負担を減らす方法ですが

ひざや肘、腰などを冷やさない
同じ姿勢を続けず、時々身体を動かす
肥満気味の人は体重を減らしたり、クッション性のよい靴を履くなど、膝への負担を減らす

などがあります。

 

また、適度な運動も予防には大切ですが、急に行うことでもろくなっている軟骨が大きく欠けてしまうことがあるので注意が必要。

 

ストレッチや短めのウォーキングなど、本当に軽いものから始め、万が一痛みを感じたらすぐに中断することを忘れないようにして下さいね。

 

 

既に関節痛が現れている場合は、薬の服用も効果的!

 

どれだけ予防しても関節痛が出てしまうことはあります。
そんな時は薬を服用してみるのも一つの手段。

 

このサイトで紹介している日本薬師堂のグルコンex錠プラスは、軟骨の成分であるコンドロイチンを900mg配合するなど関節痛の痛みの原因に直接作用してくれます。

 

 

病院などでしっかりと診察を受けることも大切ですが、まずは薬の服用で様子を見てみるのも手軽な治し方の一つといえるでしょう。